SYOKUTSU和モダンイメージ
syokutsu 食通

ようこそ、SYOKUTSUへ

会員登録(無料)

  • SYOKUTSUイメージ画像
  • SYOKUTSUイメージ画像
  • 今日の1杯

新着情報

SYOKUTSUが取材されました!!パート2

SYOKUTSUが取材されました!!

リニューアルを決定しました。

新しい機能を追加しました。

新しい機能を追加しました。

  • 2024年06月24日現在 掲載件数
  • 日本酒:736件
  • ワイン:15件
  • 焼酎:76件
  • 梅酒:28件
  • その他(お酒):79件
  • ビール:20件
  • 農産物:1件
  • ウイスキー:13件
  • 2024年06月24日現在 掲載件数
  • 日本酒:736件
  • ワイン:15件
  • 焼酎:76件
  • 梅酒:28件
  • その他(お酒):79件
  • ビール:20件
  • 農産物:1件
  • ウイスキー:13件

アイテム検索

瑞兆

日本酒

浅柄野マスカットベーリーA

ワイン

和敬静寂

焼酎

完熟梅酒

梅酒

老松 りんご酒

その他(お酒)

ベアレン ミルクチョコレートスタウト

ビール

佐賀旭

農産物

ホワイトオークシングルモルトあかし

ウイスキー

都道府県別検索

北海道・東北

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

関東

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

甲信越

新潟県

富山県

石川県

福井県

山梨県

長野県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

関西

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

和歌山県

中国

鳥取県

島根県

岡山県

広島県

山口県

四国

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

九州・沖縄

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県

旬を迎えた食材

みょうが

みょうが

みょうがは、ショウガ科に属する多年草で、根茎部分が食用とされる香辛料野菜です。特に日本やアジア諸国でよく使われています。みょうがは茎や葉が大きく、独特の清涼感と爽やかな香りがあり、ジンゲロールやショウガオールなどの辛味成分を含みます。 みょうがの主な用途は、和食や中華料理での香味野菜として、刺身や酢の物、生春巻き、サラダなどに使われます。また、生姜と同様に料理にアクセントを与え、消化促進や体を冷やす効果が期待されることもあります。 日本国内では、夏季に栽培が盛んで、関東地方や九州地方が主な産地となっています。みょうがはデリケートで取り扱いが難しいため、新鮮なものが求められます。その清涼感と香りにより、和食をはじめさまざまな料理に欠かせない香辛料として親しまれ、夏の季節に特に重宝されています。 日本国内の収穫量は12,600トン 輸入量は、1,800トン 中国:1,600トン、韓国:160トン

キャベツ

キャベツ

キャベツは、アブラナ科に属する野菜で、球状の頭を形成する大型の葉が特徴的です。一般的には淡緑色をしており、その形状から「白キャベツ」と呼ばれることもあります。キャベツは優れた栄養価を持ち、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、食物繊維、硫化アリルなどが含まれています。 栄養価が高く、低カロリーであるため、健康的な食材として幅広く利用されています。キャベツは生でサラダやコールスローに使われるほか、加熱調理して炒め物、鍋料理、ロールキャベツなどさまざまな料理に適しています。また、発酵させて作られるキムチなど発酵食品の原料としても重要な役割を果たしています。 キャベツは日本国内で春から秋にかけて収穫され、北海道、関東地方、中部地方が主な産地です。そのシンプルで使い勝手の良い性質から、日本の食卓で広く親しまれており、多様な料理に活用されています。 日本国内の収穫量は1,443,000トン 輸入量は、184,000トン 中国:172,000トン、ベトナム:1,200トン、韓国:500トン

わさび

わさび

わさびは、アブラナ科に属する植物で、根茎を利用して製造される調味料として広く知られています。主に日本料理において使われ、その独特な辛味と香りが特徴です。わさびは一般的に生で摺り下ろして食べられ、刺身や寿司との相性が良いことで知られています。日本の伝統的な農法で栽培され、湿気を好む植物であるため、湿地や水辺での栽培が一般的です。わさびにはアリルイソチオシアネートと呼ばれる成分が含まれており、これが辛味と香りの主要な原因です。また、抗酸化作用や抗菌作用があると言われ、健康に対する利点も考えられています。市販のわさびは通常、ペーストやチューブ状に加工され、容易に利用できます。その風味と辛さは、日本料理のアクセントとしてだけでなく、世界中の料理においても一般的に用いられ、多様な料理に新しい味わいをもたらしています。 日本国内の収穫量は7,000トン 輸入量は、1,376トン 中国:1,350トン、インドネシア:26トン

スナップエンドウ

スナップエンドウ

スナップエンドウは、マメ科に属する一年生の豆の一種で、豆の中でも特に若い時に収穫され、さやごと食べる野菜です。別名でスナップピーとも呼ばれ、その名の通り「スナップ=パチン」と音を立てながら食べることができることが特徴です。 スナップエンドウは、独特のシャキシャキとした食感があり、甘みが豊かで爽やかな味わいが楽しめます。豆の中にある種子がまだ小さく柔らかい状態のものが選ばれ、その若々しいさやが主に食べられます。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、カリウムなどが含まれており、低カロリーかつ栄養価が高い食材として知られています。特に食物繊維が豊富で、腸内環境の改善に寄与します。 スナップエンドウは生でサラダに使ったり、蒸して和え物にするほか、炒め物や煮物、スープにも利用されます。春から初夏にかけて収穫され、新鮮なうちに食べると美味しいです。欧米を中心に広く栽培され、サラダや料理の彩りとして親しまれています。 日本国内の収穫量は20,000トン 輸入量は、669トン ペルー:431トン、グアテマラ:100トン、中国:78トン、タイ:50トン

ホワイトアスパラガス

ホワイトアスパラガス

ホワイトアスパラガスは、通常の緑色のアスパラガスとは異なり、栽培中に光を遮断して育てられることで白く仕上げられる品種です。光を遮断することにより、アスパラガスが地中で成長する際に光を受けないため、葉緑素が合成されず、白い色が保たれます。 この白い姿は、繊細で柔らかく、味わい深いアスパラガスを生み出します。白アスパラガスは独特の風味と甘さがあり、料理の中で高級感を演出します。また、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、ミネラルなどが含まれ、栄養価も健康的です。 ホワイトアスパラガスは、春季に収穫されることが一般的で、ヨーロッパを中心に広く栽培されています。収穫前に地中で育てられるため、土の中で育ったものと比べて日光に当たらない分、より繊細で柔らかな食感が得られます。白アスパラガスは、茹でたり蒸したりしてそのまま食べるほか、ソースやバターと合わせて料理され、高級フレンチ料理などで一層の美味しさが楽しまれます。 日本国内の収穫量は27,000トン 輸入量は、9,037トン メキシコ:3,672トン、オーストラリア:3,022トン、ペルー:2,243トン

じゃがいも

じゃがいも

じゃがいもは、ナス科に属する多年生の草本で、根茎を食用とする野菜です。球形で不規則な形状を持ち、皮の色は黄色や茶色、赤紫色などさまざまです。主に塊茎部分が食べられ、澱粉質を主成分とするため、独特のクリーミーで滑らかな食感があります。 じゃがいもは栄養豊富で、ビタミンC、ビタミンB6、葉酸、カリウム、食物繊維などが含まれています。低カロリーでありながら、飽和感をもたらすため、食事のベースとして広く利用されています。 調理法としては、皮をむいて茹でたり、焼いたり、揚げたりして調理されるほか、マッシュポテト、フライドポテト、ポテトサラダなど様々な料理に使われます。また、じゃがいもは加熱することで甘みが増し、調理のバリエーションが広がります。 世界中で広く栽培され、多様な料理に使われるじゃがいもは、身近な食材として親しまれ、ポテトチップスやフライドポテト、グラタンなど、さまざまな加工品も楽しまれています。 日本国内の収穫量は2,743,000トン 輸入量は、1,000,000トン アメリカ:600,000トン、中国:200,000トン、ニュージーランド:100,000トン、スペイン:50,000トン、カナダ:50,000トン

コールラビ

コールラビ

コールラビは、アブラナ科に属する一年生の根菜で、球状の膨らんだ茎部分を主に食用とします。外見は独特で、球形で表面は滑らかで色は紫や緑、白などさまざまです。葉も食用にされることがありますが、主に球部分が利用され、その中は白くてシャキシャキとした食感が特徴的です。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、ミネラル(特にカリウム)などが含まれ、低カロリーかつ栄養価が高い野菜です。また、コールラビには繊維質が豊富で、腸内環境の改善や消化促進に寄与します。 コールラビは多様な調理法で利用されます。生のままサラダにしたり、薄切りにして生春巻きに使ったりします。茎や葉も加えて炒め物やスープにすることもあります。調理することで若干の甘味が増し、シャキシャキとした食感を楽しむことができます。 寒冷地域が原産地であり、ヨーロッパやアジアなどで広く栽培されています。特有の形状や食感から、新鮮でユニークなサラダやサイドディッシュとして重宝されています。 日本国内の収穫量は11,000トン 輸入量は、3,000トン 中国:2,500トン、韓国:200トン、オランダ:300トン

クレソン

クレソン

クレソンは、クロンブラス科に属する一年生の水草植物で、細かい葉や独特の香りが特徴的な野菜です。水中で栽培され、湿地や水辺の環境に生息します。クレソンの葉は小さく丸みを帯び、爽やかな香りとシャキシャキとした食感があります。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK、鉄分、食物繊維などが含まれており、低カロリーでありながら栄養価が高い野菜です。特にビタミンKは血液の凝固に関与し、鉄分は貧血予防に寄与します。 クレソンはサラダやサンドイッチ、スープ、ジュースなど、生で食べるほか、調理しても美味しく楽しめます。その独特の風味は、料理にアクセントを与え、さわやかな味わいを提供します。また、クレソンは一部の地域ではシソ科の一員とされることもあります。 水田や川岸、湿地帯で生息するため、水辺の環境に適しています。クレソンはさまざまな種類があり、地域によって異なる味わいが楽しめます。そのため、地元の食材として親しまれ、ヘルシーで爽やかな食材として重宝されています。 日本国内の収穫量は1,000トン 輸入量は、10,000トン スペイン:9,000トン、オランダ:1,000トン

アスパラガス

アスパラガス

アスパラガスは、アスパラガス科に属する多年生の野菜で、地下茎から伸びる細長い若芽部分が食用とされます。通常、春から初夏にかけて旬を迎える野菜で、独特の風味とシャキシャキとした食感が特徴的です。主に緑色や紫色の品種が一般的ですが、白いアスパラガスも栽培されています。 栄養面では、ビタミンK、ビタミンC、ビタミンA、葉酸、食物繊維、ミネラル(特にカリウム)などが含まれ、低カロリーかつ栄養価が高い食材です。特にビタミンKは血液凝固や骨の健康に寄与します。 アスパラガスはさまざまな調理法で楽しまれます。茹でたり、焼いたり、炒めたりしてそのまま食べるほか、サラダやスープ、パスタ、グリル料理にも使われます。アスパラガスの若芽はシーズン中に手早く成長するため、新鮮で旬の味わいが楽しめます。 世界中で広く栽培され、多くの国で重要な食材となっています。その独自の風味や栄養価が高さから、ヘルシーで美味しい野菜として幅広い料理に愛されています。 日本国内の収穫量は28,000トン 輸入量は、9,037トン メキシコ:4,500トン、オーストラリア:2,500トン、タイ:1,500トン、フィリピン:500トン

レタス

レタス

レタスは、キク科に属する一年生の草本植物で、緑色の葉を食用とする野菜です。球状になる頭(ヘッド)レタスや葉が重なったリーフレタス、キャベツ状に葉が重なったセロリーレタスなどさまざまな種類が存在します。一般的には生食が一般的で、その爽やかな食感やミネラル感が特徴的です。 栄養面では、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンC、葉酸、鉄分、食物繊維などが含まれ、低カロリーかつ栄養価が豊富な野菜として知られています。特にビタミンKは血液凝固や骨の健康に寄与します。 レタスは生でサラダに使われることが一般的で、その他にもサンドイッチやバーガー、トルティーヤなどにも広く利用されます。葉を湯通ししてロール状に巻いた「生春巻き」や葉を器に見立てた「レタス包み」など、アレンジレシピも多様です。 世界中で栽培され、四季折々に楽しむことができる一般的な野菜です。そのシンプルな味わいと使い勝手の良さから、様々な料理に取り入れられ、食卓に彩りと新鮮さをもたらしています。 日本国内の収穫量は83,900トン 輸入量は、10,000トン スペイン:7,000トン、オランダ:2,000トン、ベルギー:1,000トン

とうもろこし

とうもろこし

とうもろこしは、イネ科に属する一年生の穀物で、その特徴的な黄色い粒が食用として広く知られています。原産地は中南米で、現在では世界中で栽培されています。夏季に収穫され、生でも調理しても食べられます。 とうもろこしの特長は、その甘みと食感です。特に新鮮なとうもろこしは甘く、シャキシャキとした食感が楽しめます。とうもろこしにはビタミンB群、ビタミンC、食物繊維、抗酸化物質が含まれており、健康に良い食材とされています。 一般的な食べ方としては、茹でたり蒸したりしてそのまま食べるほか、バターを塗ったり、塩を振ったりして調理され、グリルやオーブンで焼いても美味しく食べられます。また、とうもろこしの粒を取り出してサラダやスープ、シチューなどに加えることもあります。 とうもろこしは夏の風物詩として親しまれ、バーベキューやピクニック、夏祭りなどでよく見られる食材です。缶詰や冷凍食品としても市販されており、一年中楽しむことができます。 日本国内の収穫量は175,000トン 輸入量は、12,100,000トン アメリカ:11,000,000トン、ブラジル:200,000トン

トマト

トマト

トマトは、ナス科に属する一年生の果物で、世界中で広く親しまれている野菜として扱われています。特徴的な赤い実が一般的ですが、黄色やオレンジ、緑、紫などの色の品種もあります。トマトは夏季に収穫され、その甘みと酸味が特徴的です。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK、カリウム、リコピン(抗酸化物質)などが豊富に含まれ、特にリコピンは抗酸化作用があり、健康に良いとされています。また、低カロリーでありながら食物繊維も含まれており、ヘルシーな食材として重宝されています。 トマトは多様な調理法で利用され、サラダやスープ、ソース、ピザのトッピング、ジュースなどさまざまな料理に活用されます。生で生食するほか、加熱調理しても風味が楽しめます。また、トマトは缶詰やペースト、ケチャップなどの加工品としても利用されています。 トマトは地中海地域を原産とし、現在では世界中で栽培されています。その使い勝手の良さや栄養価の高さから、多くの料理に欠かせない食材となっています。 日本国内の収穫量は725,200トン 輸入量は、730,000トン 韓国:380,000トン、ニュージーランド:100,000トン、モロッコ:100,000トン、トルコ:60,000トン、中国:50,000トン

そら豆

そら豆

そら豆は、マメ科の一年草または越年草で、学名は「Vicia faba」といいます。別名は「空豆」や「蚕豆」で、さやが天に向かって伸びることから「空豆」と呼ばれ、さやが蚕の繭に似ていることから「蚕豆」と呼ばれています。 そら豆は、春から初夏が旬の野菜で、日本各地で栽培されています。さやの長さは5~15cm、豆の大きさは1~3cm程度です。豆の色は緑色、黄色、茶色などがあります。 そら豆は、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。特に、亜鉛や鉄分などのミネラル成分が豊富で、亜鉛は野菜の中でトップクラスの含有量です。 そら豆の食べ方は、塩ゆでや煮物、炒め物、スープなど、さまざまな料理に用いられます。塩ゆでしたそら豆は、さやごと食べると、豆の甘みとさやの香りが楽しめます。 日本国内の収穫量は25,000トン 輸入量は、11,000トン アメリカ:6,000トン、中国:3,000トン、スペイン:1,000トン、フランス:1,000トン

ビュッシュビーンズ

ビュッシュビーンズ

ブッシュビーンズ(Bush Beans)は、豆科に属する一年生の草本植物で、別名「ブッシュビーン」や「フレンチビーン」とも呼ばれます。これらの豆は低木状の植物で、つるを伸ばさずに小型でコンパクトな成長をするのが特徴です。 ブッシュビーンズは主にさやごと収穫され、通常は長さが数インチから約6インチまでの細長い形状をしています。色は緑が一般的で、黄色や紫の品種もあります。これらの豆は甘くて瑞々しく、生でも調理しても美味しく食べられます。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維、カリウム、たんぱく質などが含まれており、低カロリーでありながら栄養価が高い野菜として知られています。 ブッシュビーンズは一般的にサラダ、炒め物、スープ、カセロールなどの料理に広く利用されます。調理すると豆が鮮やかな緑色を保ち、シャキシャキとした食感が楽しめます。ヘルシーで手軽に調理できるため、多くの家庭やレストランで愛されています。 日本国内の収穫量は1,500トン 輸入量は、15,000トン アメリカ:14,000トン、メキシコ:500トン

にんにく

にんにく

にんにくは、ネギ科に属する多年生の植物で、その根茎(球茎)を食用とする野菜・香辛料です。原産地は中央アジアで、世界中で栽培されています。にんにくは強烈な香りと独特の味わいがあり、多くの料理に欠かせない調味料として広く利用されています。 にんにくにはアリシンと呼ばれる硫化合物が含まれ、これがにんにくの特有の香りや辛味を生み出しています。栄養面では、ビタミンC、ビタミンB6、マンガン、セレン、食物繊維などが含まれ、抗酸化作用や免疫力向上に寄与します。 にんにくは生でも調理しても利用されます。生のにんにくは薄切りにしてサラダやドレッシングに加えたり、料理の最後に添えたりします。また、加熱することで香りが緩和され、炒め物、煮込み料理、スープ、ソース、マリネなどに広く使用されます。 伝統的には健康食材とされ、抗菌・抗ウイルス作用、血中コレステロールの低下、血圧の調整などが期待されています。にんにくは文化によって異なる調理法があり、多くの国々で料理に欠かせない存在とされています。 日本国内の収穫量は21,200トン 輸入量は、22,832トン 中国:12,819トン、スペイン:6,569トン、アメリカ:1,000トン、フランス:2,444トン

ゴーヤ

ゴーヤ

ゴーヤは、ウリ科に属する一年生のつる植物で、その苦味が特徴的な緑色の果実が食用とされています。原産地はアフリカで、熱帯・亜熱帯地域でよく栽培されています。アジアや中南米、日本などで一般的に食べられている野菜です。 ゴーヤの果実は外見が独特で、ゴツゴツとした表面があり、内部には種と繊維が含まれています。苦みがありながらも、クセのある風味があり、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれています。これらの栄養素は免疫力向上や健康維持に寄与します。 ゴーヤはさまざまな調理法で利用されます。特に日本では、ゴーヤチャンプルーやゴーヤーチャンプルなどの炒め物が一般的です。他にも、ゴーヤのピクルスやゴーヤの天ぷら、ゴーヤのスムージーなど、さまざまな料理に活用されます。苦みを和らげるためには、下ごしらえや調理法に工夫が加えられることがあります。 ゴーヤは夏に旬を迎え、暑い季節にさわやかな食材として親しまれています。そのユニークな風味と栄養価の高さから、地域によっては健康食材としても重宝されています。 日本国内の収穫量は16,428トン 輸入量は、2,270トン メキシコ:2,200トン、フィジー:70トン

ズッキーニ

ズッキーニ

ズッキーニは、カボチャ科に属する一年生の野菜で、その形状が細長く、淡い緑色や黄色の品種が一般的です。原産地は中南米で、現在では世界中で広く栽培されています。ズッキーニは夏季に豊富に収穫され、その柔らかく瑞々しい食感が特徴です。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維、カリウム、マグネシウムなどが含まれ、低カロリーかつ栄養価が高い野菜として知られています。特にビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力向上に寄与します。 ズッキーニは多様な調理法で利用され、生でサラダやスライスして生春巻きに加えたり、炒め物、グリル、スープ、カレー、ピクルスなどに使われます。その優しい味わいとシャキシャキとした食感は、さまざまな料理に適しています。 特にズッキーニの若い実は皮が柔らかく、種が少ないため、そのまま調理しても食べやすいです。また、成熟する前の若いズッキーニは一般に味がより瑞々しく、好まれる傾向があります。 ズッキーニは使い勝手がよく、ヘルシーで美味しい野菜として、様々な料理に取り入れられています。 日本国内の収穫量は26,700トン 輸入量は、19,000トン 中国:16,000トン、アメリカ:1,500トン、ニュージーランド:1,500トン

ピーマン

ピーマン

ピーマンは、ナス科に属する一年生の野菜で、その形状が小さくて丸く、緑色や赤い品種が一般的です。原産地は南アメリカで、現在では世界中で広く栽培されています。ピーマンは、唐辛子やハラペーニョと同じく辛味を持つが、一般的には辛さが穏やかで、甘みが感じられることが特徴です。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB6、葉酸、カルシウム、鉄分などが含まれており、低カロリーかつ栄養価が豊富な野菜として知られています。ビタミンCは免疫力の向上に寄与し、ビタミンAは視力や肌の健康に影響します。 ピーマンは独自の風味と食感があり、生でサラダに加えたり、炒め物、揚げ物、詰め物、ピクルス、カレーなど多彩な調理法に利用されます。また、ピーマンには種が少なく、中がくぼんでいる特性から、具材を詰めてオーブンで焼いたり、グリルしたりすることもあります。 ピーマンは多様な料理にアクセントを加え、そのユニークな風味が楽しまれています。辛味を好まない方でも比較的マイルドな味わいで、健康にも寄与する野菜として幅広い料理で活躍しています。 日本国内の収穫量は140,000トン 輸入量は、24,000トン 中国:17,000トン、アメリカ:3,800トン、メキシコ:2,200トン、トルコ:1,000トン

パプリカ

パプリカ

パプリカは、ナス科に属する一年生の野菜で、独自の形状と豊富な色彩が特徴的です。丸い形状をしたものが一般的で、緑、黄色、赤、オレンジ、紫などさまざまな色の品種が存在します。原産地は南アメリカで、世界中で幅広く栽培されています。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB6、葉酸、カリウムなどが豊富に含まれており、低カロリーかつ栄養価が高い野菜として重宝されています。特にビタミンCは免疫力向上に寄与し、ビタミンAは視力や肌の健康に影響します。 パプリカは生食や調理に幅広く利用されます。サラダに刻んだり、炒め物やグリル料理、スープ、カレー、ピクルス、詰め物など、多岐にわたる料理に加えられます。甘みがあり、時には微かな辛味を感じることがありますが、特に甘い品種は生のまま食べても美味しいです。 パプリカはその色鮮やかな外観から、料理に彩りを添えるだけでなく、ビタミンやミネラルを摂取する手助けとなります。その多様な用途と栄養価の高さから、健康的で美味しい野菜として人気を博しています。 日本国内の収穫量は11,000トン 輸入量は、100,000トン スペイン:55,000トン、トルコ:25,000トン、メキシコ:15,000トン

オクラ

オクラ

オクラは、アオイ科に属する一年生の野菜で、その長い莢(さや)が特徴的です。独特のぬめりがあることがあり、これは粘液質が含まれているためです。原産地はアフリカで、暑い気候を好む植物で、現在では世界中で栽培されています。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンA、葉酸、マグネシウム、食物繊維などが含まれており、特にビタミンCは免疫力向上に寄与します。オクラは低カロリーかつ栄養価が豊富で、ヘルシーな食材として知られています。 オクラは調理法が豊富で、煮物や炒め物、天ぷら、ピクルス、シチュー、スープ、グリル料理などさまざまな料理に利用されます。粘液が特有の食感を生かしたオクラの天ぷらやシチューは特に人気があります。また、生のままサラダに加えることもあります。 オクラは暑い気候を好むため、夏季に旬を迎えることが一般的です。その独特の風味と食感が楽しまれ、地域や文化によって様々な料理に組み込まれています。 日本国内の収穫量は12,000トン 輸入量は、2,000トン フィリピン:1,600トン、タイ:400トン

赤しそ

赤しそ

赤しそは、シソ科に属する一年生の植物で、その鮮やかな赤紫色の葉が特徴的です。日本を含むアジア地域で一般的に栽培され、食用や薬用として広く利用されています。別名では「アカシソ」とも呼ばれます。 栄養面では、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄分などが含まれており、また、その特有の香りには精油成分が含まれています。この香りが食欲をそそり、料理に独自の風味を与えます。 赤しそは日本料理において、お寿司の包み材や千切りにして魚料理に添えるなど、さまざまな形で利用されています。また、しそジュースやしその葉を使った漬物も人気があります。風味豊かでクセになる味わいが、和食だけでなく様々な料理にも取り入れられています。 葉は生食が一般的で、そのまま食べるほか、刻んでサラダや麺類にトッピングしたり、巻き寿司の具としても利用されます。また、赤しその葉を使った独特の香りや色合いは、日本の伝統的な食文化に深く根付いています。 日本国内の収穫量は10,000トン 輸入量は、0.5トン 韓国:0.5トン

ナス

ナス

なすは、ナス科に属する一年生の植物で、その果実が食用とされる野菜です。世界中で様々な品種が栽培されており、形状や色、サイズにバリエーションがあります。一般的には紫色のなすがよく知られていますが、白や緑、赤などの品種も存在します。 栄養面では、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB6、カリウム、食物繊維などが含まれており、低カロリーでありながら栄養価が高い野菜として重宝されています。特に皮に多く含まれるナスニンは抗酸化物質として注目されています。 なすは多様な調理法で利用され、炒め物、揚げ物、煮物、グリル、蒸し物、ピクルスなどさまざまな料理に適しています。また、なすはそのまま生で食べることも可能で、サラダや生春巻きなどに利用されます。さらに、なすの特有の風味や食感は、中東料理や地中海料理、アジア料理など多くの料理で欠かせない要素となっています。 なすは夏季から秋季にかけて旬を迎え、その時期に収穫される新鮮ななすは風味が豊かで美味しいとされています。地域や文化によって異なる料理に組み込まれ、食卓に豊かなバリエーションをもたらしています。 日本国内の収穫量は327,400トン 輸入量は、2,000トン フィリピン:1,600トン、タイ:400トン

トレビス

トレビス

トレビスはキク科に属する野菜で、特にレッドラディッシュの一種です。その特徴的な赤紫色の葉が、シックで華やかな印象を与えます。原産地はイタリアで、主に地中海地域で栽培されています。トレビスは、バラエティ豊かなサラダや調理法で広く利用されています。 葉は細長く、外側がやや苦味を持ちつつも内側はより柔らかく、クリスピーな食感を味わえます。栄養面では、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維、カリウムなどが含まれており、健康に良い影響をもたらします。 トレビスは生でサラダに使われるほか、加熱調理して炒め物やグリル、ローストなどにも適しています。苦味が程よく、その風味が料理に深みを加えます。また、トレビスは赤紫色の色素成分を含んでおり、見た目にも美しいプレゼンテーションを提供します。 特にイタリア料理においては、ラディッキオとしても知られ、様々なバリエーションが存在します。トレビスはそのユニークな風味と美しい見た目から、料理のアクセントとして重宝され、多くの食卓で愛されています。 日本国内の収穫量は350トン 輸入量は、400トン イタリア:200トン、フランス:150トン、スペイン:50トン

島らっきょ

島らっきょ

島らっきょうは、沖縄県で栽培されるラッキョウの一種です。通常のラッキョウよりも小ぶりで、皮が薄く、辛味が少ないのが特徴です。 島らっきょうは、ビタミンC、カリウム、食物繊維など、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 日本国内の生産量:850トン

さやえんどう

さやえんどう

サヤエンドウは、エンドウ豆の若いさやを食用とする緑黄色野菜です。春から初夏にかけて旬を迎え、鮮やかな緑色と甘みのある味わいが特徴です。 サヤエンドウは、ビタミンC、ビタミンB1、食物繊維など、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 日本国内の生産量:12,400トン 輸入量:12,774トン 中国:7,313トン、タイ:3,850トン、アメリカ:1,105トン、ニュージーランド:412トン

にら

にら

ニラは、ネギ属の多年草で、東アジア原産です。葉と根を食用にする野菜で、緑黄色野菜に分類されます。 ニラは、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分など、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 日本国内の生産量:54,060トン 輸入量:5,500トン 中国:5,200トン、韓国:200トン、台湾:80トン

パクチー

パクチー

パクチーは、セリ科コエンドロ属の一年草で、東南アジア原産の野菜です。日本では、葉や茎を食用にすることが多いです。 パクチーは、ビタミンA、ビタミンC、カリウム、鉄分など、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 パクチーは、英語で「Coriander(コリアンダー)」、中国語で「香菜(シャンツァイ)」と呼ばれます。 日本国内の生産量:3,010トン 輸入量:4,300トン 中国:3,960トン、ベトナム:215トン、タイ:100トン、アメリカ:30トン、韓国:15トン

らっきょ

らっきょ

らっきょうは、ユリ科ネギ属の多年草で、中国原産の野菜です。鱗茎(りんけい)と呼ばれる地下茎を食用にします。 らっきょうは、ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、食物繊維など、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 らっきょうは、英語で「Garlic chives(ガーリックチャイブス)」と呼ばれます。 日本国内の生産量:15,000トン 輸入量:610トン 中国:590トン、韓国:10トン、台湾:10トン

たけのこ

たけのこ

たけのこは、イネ科タケ亜科タケ類の地下茎から出る若芽の部分です。春になると地面から芽を出始め、旬は4月~5月頃です。 たけのこは、食物繊維、カリウム、ビタミンB群、ビタミンCなど、様々な栄養素を豊富に含んでいます。 たけのこは、英語で「bamboo shoot」と呼ばれます。 日本国内の生産量:14,600トン 輸入量:5,000トン 中国:4,900トン、台湾:50トン、タイ:30トン

ヤングコーン

ヤングコーン

ヤンゴンコーン(Yangon corn)は、ミャンマー(ビルマ)原産のスイートコーンの一種です。黄色い粒がぎっしり詰まった、長さ約20cmの大きな穂を持っています。 粒が大きく、ぷっくりとしている 糖度が高く、甘味が強い 柔らかい食感 香りが良い ヤンゴーンコーンは、ミャンマーの国民的な食べ物の一つです。 日本国内の生産量:40,000トン 輸入量:20,000トン 中国:19,000トン、台湾:500トン、タイ:300トン

ルッコラ

ルッコラ

ルッコラは、地中海沿岸原産のアブラナ科の一年草です。別名では、ロケットサラダやガーデンクレソンと呼ばれています。 ルッコラは、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などを豊富に含んでいます。 ルッコラは、イタリアやフランスなどのヨーロッパ諸国で栽培されています。 日本国内の生産量:1,200トン 輸入量:1,000トン イタリア:900トン、中国:50トン、アメリカ:30トン

スポンサーリンク

アクセスランキング

1

福寿

福寿

兵庫県

日本酒

2

和敬静寂

和敬静寂

兵庫県

焼酎

3

整酒

整酒

兵庫県

日本酒

4

夢酎

SYOKUTSU

兵庫県

焼酎

5

瑞兆

瑞兆

兵庫県

日本酒

興味がありそうなカテゴリー